地震・・・ 大丈夫?

   怖かったねぇ!!
 いえ、この辺りは どうも無かったのですが
   震度6なんて どれほど 怖かっただろうと 考えるだけで
                       怖いです。
  まだ 揺れているようですね 早く 治まりますように。
                     (-人-;)

e0112758_18384357.jpg


     まずは、御心配おかけしました チビタのほうが
 今日は クロコさんの 御飯を 横取り出来るほど 元気になりました。

   少し 痩せて 精悍な顔立ちになったんですが
           べろんちょ・・・って やってちゃ 台無しですね。

  
e0112758_18421776.gif


   実際の所、野良猫に こんなに密に 接する事は
     私の人生で 初めての出来事ですが
  こんなに、いろんなことを教えてもらえるとは思いませんでした。

  この クロコさんと チビタのような 
         いつまでも一緒に居る親子も 初めてです。
  たぶん、チビタは お母さんが大好きなんですね。
    1年経った 今でも 
      見回りから帰ってきたクロコさんを見つけると
               走り寄って すりすり ゴロゴロ・・・
   母ちゃん、おかえりぃ~ どこいっとったん~ 御飯食べたんやで~
              とでも 言ってるみたいな・・・・
 
  それが、調子が悪い間 全く くっ付かなかったんです。
    チビタといえば、日中は 畑のどこかで うずくまります。
   時々、場所を変えて 御飯も食べずに一日中・・・・・
    
  クロコさんは、いつものように 見回りに出かけるんですが
   戻ると、チビタを探すように 畑を一周・・・
           でも、見つけても 近づきません。
     6,7メートル離れた所で じっと見てます。
   チビタは、眠っていますが やがて気づき 顔を上げます。
      お互い、しばらく 近づくこともせず じっと見つめ合う・・・・

    それで、納得したように クロコさんは 次の行動に・・・
           そんな毎日でした。
  今思うと、ハラハラドキドキの ワタシより ずっと落ち着いたクロコさん

              さすがだね 

  たぶん、クロコさんも けふこさんも 同じ病に 罹っています。
    でも、一番 厳しかったのは チビタでした。
         少し 過保護にし過ぎたのかな? 
  野良こさん達の 御飯は 
      にゃんこが微笑んでいるようなパッケージのものではなく 
   もっと、血沸き 肉踊るような ワイルドな御飯にしようと思いました。
     今は、滋養の意味も込めて 肝とか食べてます。
      けふこさんには、エスビラックミルク・・・
           次は、けふこさんだよ。
  ヨタヨタと歩く姿が 痛々しいけど 顔と毛並みは一時よりキレイになった。
    出産後に また 病気の芽が出るんだろうけどね・・・・

e0112758_19152480.jpg


          本当に、心配させる 若夫婦。
        ワタシは ほんとに、心配なオバちゃん。

    
[PR]
by zeesaku3 | 2007-03-25 19:19 | にゃんころりん
<< ケフコさんが! みんな同じ いきているから 一... >>